食事の影響を受けにくいコスパなどの利便性

タダラフィルはED治療薬の中でも利便性が高い医薬品です。

タダラフィルの持続時間

タダラフィルは効果は36時間近くに及びます。ED治療薬として有名なものにバイアグラがありますが、この持続時間は5時間ほどです。人によっては、とても長い時間夜の営みを過ごす方もいます。勃起もできるだけ長く持続させたいものです。

持続時間の違いは服用回数の違いにもなります。タダラフィルは丸1日以上効果が続くため、飲んだ翌日のセックスでも効果が続きます。何度も飲む必要がなく、コストパフォーマンスも良くなるでしょう。

食事の影響がありません

タダラフィルは食事の影響を受けにくいというメリットがあり、食後に服用しても問題ありません。ED治療薬の中には、食事と併用すると効果が半減してしまうものがあります。セックスの前にはパートナーと食事を楽しみたいものです。タダラフィルなら食事で相手に気を遣わせることもなく、たくさん食べて精を付けてからセックスに臨めます。

タダラフィルは、他のED治療薬と比べると持続時間が長く、食事の影響を受けにくいというメリットがあります。1度のセックスを長く楽しみたい、しっかり食べてから夜を迎えたいという方には、ぜひともオススメできる医薬品です。

Copyright© 2017 Finamrus All Rights Reserved.